1. HOME
  2. 事業案内
  3. Webサイト制作
  4. Webサイト制作

Webサイト制作

Webサイト制作

Webサイト制作

Webサイトは企業の顔というべき存在です。

ブログやWordpressといった簡単にWebサイトを作れるツールが人気になり、企業だけでなく個人もWebサイトを持つようになりました。

それだけあらゆる分野で大量のWebサイトが作られるようになっています。

作るだけではアクセスが集まらない時代だからこそ、目的をもってWebサイトを運営することが重要です。

あなたが運営しているWebサイトは、以下の2つのうちどちらに近いでしょうか?

  • ただ作られているだけで誰にも見られないWebサイト
  • 見込客のアクセスがどんどん集まり、収益を生むWebサイト

あなたがWebサイトのオーナーであれば、後者のWebサイトを持ちたいですよね。

では、Webサイトを制作するにあたってどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?

これまで数多くのWebサイト制作に携わってきた弊社のノウハウをご紹介しましょう。

Webサイトは目的の整理が大切

Webサイトを制作するにあたっては、「何のためにWebサイトを作るのか?」の整理が重要です。

  • 見込客のアクセスをWebサイトに集める
  • Webサイトから顧客の問い合わせを獲得する
  • ECサイトで商品やサービスを販売する
  • あるKWで上位表示を狙って業界内のプレゼンスを外部に示す
  • コールセンターに寄せられる問い合わせ電話をWebサイトで対応する

など、Webサイトを持つ目的は企業によって様々です。

目的を達成するために、SEO対策を行ったり、コーポレートサイトを制作したり、ランディングページを制作するといった手段が採用されます。

目的と手段を整理することで、ブレのない施策を打つことができ、無駄なコストを削減して目的を達成できるようになります。

まずは「何のためにWebサイトを作るのか?」の問いに答えることが最初の入口です。

目的に応じて作成するべきWebサイト

目的が整理できたら、次は作成するものを洗い出していきます。

よくある目的をピックアップして、作るべきWebサイトをまとめてみました。

目的 作るべきWebサイト
企業活動を広く外部に知らせる
見込客に商品・サービス購入検討のための情報を提供する
コーポレートサイト
商品やサービスを販売する
大量の商品の情報や在庫データを管理する
ECサイト
コンテンツマーケティングで見込客のアクセスを集める
アフィリエイトやGoogle Adsenseなどの広告収入を得る
SEOメディアサイト
大量の店舗の情報を紹介する
求職者・採用したい企業といった2つのグループのマッチングをWeb上で行う
ポータルサイト
自社のメールマガジン登録に誘導する
自社アプリのダウンロードを促す
ランディングページ
求職者に自社の情報を魅力的に説明する
中途採用・新卒採用のポータルサイトに掲載する
リクルートサイト

このように、目的に応じて作るべき対象が異なります。

Webページの形によって得意分野が異なるので、目的が変われば制作するものも変わるといったイメージです。

もちろん、コーポレートサイトとランディングページを組み合わせて制作することもよくあります。

目的に応じてWebサイトを制作するようにすれば、コストが無駄にならず、目的を達成することができるでしょう。

弊社のWebサイト制作の特徴

弊社は要望をただ形にするのではなく、目的をヒアリングし、最適な形を提案しております。

目的がまだあいまいな場合、事業の特徴をお伺いさせていただき、Webサイトの目的を一緒に整理していきます。

ここまで述べたように、Webサイトは目的の整理が重要なので、目的を踏まえて必要なWebサイトを提案します。

ここでは、弊社が担当した代表的なWebサイトを紹介しましょう。

(1) コーポレートサイト制作

コーポレートサイトは企業の顔と呼ばれる存在です。

人々は商品やサービスを購入する前に、Webサイトを見て検討すると言われています。

あなたの企業の商品やサービスが素晴らしいものであっても、Webサイトの印象が微妙であれば、お客様は他社に逃げていってしまうかもしれません。

お客様の印象に残るWebサイト制作で、御社の売上向上に貢献します。

(2) ECサイト制作

ECサイトは商品やサービスが購入される、売上に直結する重要なWebサイトです。

人々がWebサイト経由で商品を購入する割合はどんどん上昇しています。

魅力的な店舗体験をWeb上で提供することが、顧客を魅了しリピーターに変えていく鍵です。

(3) SEOメディア制作

SEOメディアは大量のコンテンツで多くのアクセスを集め、収益化を図るWebサイトの形です。

コーポレートサイトと一緒に制作すれば、見込客のアクセスの稼ぎ頭としても活躍してくれます。

大量のコンテンツでアクセスを集めるためには、ユーザーがどんどん読み進められるようなデザイン、迷わずアクセスできる構成が重要です。

(4) ポータルサイト制作

ポータルサイトは検索機能を持つため、大量のデータ管理に向いています。

不動産の検索サイト、引越しの相見積もりのサイトなど、世の中には多くのポータルサイトがあります。

収益化にもつなげやすいWebサイトのため、Web上で新規事業を構築するのにもおすすめです。

(5) ランディングページ制作

ランディングページはメルマガ登録やアプリダウンロードなど、一つの目的にユーザーを誘導させるためのWebサイトです。

縦長で他ページへのリンクが無いことが多く、単体でアクセスを集めるのが難しいためWeb広告に出稿されて運用されています。

ランディングページで重要なのは一目でお客様の心をつかみ、アクションを起こしてもらうように喚起すること。

数々のランディングページ制作で得たノウハウをもとに、お客様の心をつかむページを制作します。

(6) リクルートサイト制作

リクルートサイトは求職者のアクセスを集め、求人に応募させるためのWebサイトです。

「この会社で働いてみたい」と御社の魅力を様々な面で切り取って伝えるのがポイント。

社長様のメッセージ、オフィスの様子、社員様へのインタビューなど、求職者の心を動かすWebサイトを制作します。

まずは1時間の無料相談!成果の出るWebサイトを作りましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

目的を整理したうえでWebサイトを制作するべきとイメージいただければ幸いです。

「成果の出るWebサイトを作りたい!」

と思ったのであれば、ぜひ一度弊社にご相談ください。

Webサイトからお問い合わせいただければ、1時間の無料相談を行わせていただきます。

御社と一緒に、目指すべきWebサイトについて検討しましょう!