1. HOME
  2. ブログ
  3. 起業
  4. 起業前のおすすめの副業とは?独立して起業するための3つのコツ

COLUMN

コラム

起業

起業前のおすすめの副業とは?独立して起業するための3つのコツ

「起業する前に副業から事業を始める方法は何があるの?」
「副業から起業するまでにどういったことに気を付ければ良いの?」

いきなり会社を辞めて起業するのではなく、副業として事業を始めたいという人も多いのではないでしょうか。

中には副業に適した事業で起業できるのか不安に感じている人がいるかもしれませんが、実は副業から起業にステップアップするためのコツがあるのです!

この記事では、起業する前に副業を始める方法や起業にステップアップするコツを紹介します。

副業から事業を始める予定の人はしっかり稼げるように参考にしてみてください。

なお、起業の概要について詳しく解説している以下の記事もご覧ください。

起業=会社の設立?2つの起業パターンと手続き方法を解説!

2019.11.06

1.副業におすすめの事業

副業におすすめの事業

会社を辞めずに事業を行うには、オンラインビジネスがおすすめです。

オンラインビジネスは時間や場所を問わずに行えます。

属している会社の仕事と食事や睡眠、家族サービスの時間を考えると1日に副業として使える時間はほとんどありません。

数時間しか副業に使えない状態では、肉体労働がメインとなるオフラインビジネスをする時間がないですし、体力に限界が来るのも時間の問題でしょう。

したがって、パソコンやスマホがあれば成立するオンラインビジネスが副業に向いているのです。

オンラインビジネスであれば、家から出ることなくちょっとした隙間時間を使って一稼ぎすることができます。

2.副業でオンラインビジネスを始める4つの方法

副業でオンラインビジネスを始める4つの方法

副業としてオンラインビジネスを始める方法を紹介します。

今回紹介する事業は以下の4つです。

  1. フリーランスとして活動する
  2. ドロップショッピングをする
  3. オリジナル商品を販売する
  4. コンサルタントとして活動する

典型的なオンラインビジネスモデルなので、自分に合っている事業を検討しましょう。

それでは、順に説明します。

お金をかけずに起業する方法も紹介しているので、以下の記事も合わせてご覧ください。

0円起業をするには何の事業がおすすめ?起業時の2つの注意点

2019.12.01

(1)フリーランスとして活動する

フリーランスとして活動する

webライターやグラフィックデザイナー、エンジニアとしてフリーランスで活動している人はたくさんいます。

フリーランスは、自分でどの仕事を請け負うのか選ぶ権利があり、時間や働く場所を自由に決められるのが大きな魅力の1つです。

自分の得意なことや好きなことで収入を得られるので、仕事へのモチベーションを高く維持したまま事業を継続することができます。

もしフリーランスで活動を始める場合は、まずは海外向けのUpwork、国内ではCrowdWorksランサーズなどのクラウドソーシングからスタートしてみてください。

初めは低単価からスタートしますが、経験を積み実績を出せば自ずと単価は上がっていくでしょう。

頑張った分だけ収入を得られる事業なので、やり甲斐がある仕事ではないでしょうか。

(2)ドロップショッピングをする

ドロップショッピングをする

ドロップショッピングとは、商品の注文を受けるたびに製造元や卸元に発注をかけ、直接購入者に発送してもらう取引方法で、無在庫転売とも呼ばれます。

この方法を取れば、在庫や管理するスペースを必要としないので、リスクを最小限に押さえることが可能です。

在庫を抱えた後に販売するスタイルでは、もし需要がなく売れ残った場合は損失になります。

ユーザー数が多く衝動買いが多いメルカリヤフオクなどのアプリを利用するのがおすすめです。

販売する商品をアップすれば、後は商品の注文を受けたものを手配するだけなので、時間や労力をかけずに手軽に行えるのが取り組みやすいポイントなのではないでしょうか。

(3)オリジナル商品を販売する

オリジナル商品を販売する

絵が得意な人やものづくりが好きな人は、オリジナル商品を開発して販売するのもおすすめです。

副業としてスタートするのではなく、趣味の一環として事業を行った方が、無理なく継続することができるでしょう。

手芸や工芸品であればメルカリやヤフオク、イラストや音楽であればココナラからデビューしてみてください。

SNSでも商品をアップして、認知度も広まり顧客も安定して得られるようになったら、オンラインショップ経営を考えてみても良いかもしれません。

好きなことを趣味の範囲で留めておくのではなく、アーティストとして精力的に活動してみてはいかがでしょうか。

(4)コンサルタントとして活動

コンサルタントとして活動

専門的な知識を持っている人は、コンサルタントとして活動するのも有効です。

コンサルタントとして成功するには、クライアント集めをしなければなりません。

そこで、自分のサイトを立ち上げ、特定の分野について解説した記事や動画をアップして、読者の興味を引き付けましょう。

オリジナルのサイトを作成し、人気のコンテンツに育て上げれば、安定してクライアントから依頼が来るようになります。

また、サイトの中に有料コンテンツを設けたり、セミナーでクライアントを募ったりすることで、爆発的に収益を上げることが可能です。

コンテンツ作りは大変ですが、クライアントが増え始めたら起業は目の前なので、人助けになるように知識や経験がある人はコンサルタントを検討してみてください。

3.副業から起業にステップアップするための3つのコツ

副業から起業にステップアップするための3つのコツ

ここでは、副業から起業する上で重要なことを紹介します。

起業にステップアップするためのコツは以下の3つです。

  1. 中途半端にしない
  2. 経営感覚を身につける
  3. リスク回避を意識する

副業だからと言って手を抜くのではなく、起業を視野に入れて事業を行いましょう。

それでは、順に説明します。

なお、以下の記事で起業で失敗しないことも紹介しているので、そちらも合わせてご覧ください。

起業で失敗する原因は決まっている?失敗を避ける4つのコツとは

2019.11.25

(1)中途半端にしない

中途半端にしない

副業をメインに仕事するわけではないので手を抜がちですが、中途半端にしないようにしてください。

本格的に起業を目指すのであれば、副業と言えども必ず毎日作業時間を作りましょう。

週末起業という言葉がありますが、副業として事業を継続するならそれでも十分です。

しかし、いずれ起業するのであれば土台作りをしっかりするためにも週末だけでは起業に至らない場合があります。

体力的に辛い時期がやってくるかもしれませんが、起業につなげるためにも日々の努力は必要でしょう。

(2)経営感覚を身につける

経営感覚を身につける

起業で成功するためには経営感覚を身につけることをおすすめします。

経営者になると売上と入金がずれたり、利益や資金繰りを考えたりしなければならず、一般の会社員の金銭感覚とズレが生じるでしょう。

お金に関する感覚はすぐには身につかないので、副業の間にお金の管理に慣れておいた方が良いかもしれません。

起業後に戸惑わなくて良いように、副業の事業でもしっかり帳簿をつけて、お金の移動を管理しておいてください。

(3)リスク回避を意識する

リスク回避を意識する

副業の内からリスク回避を意識しておくことが起業へのポイントです。

起業前は収入が安定しているので、失敗を恐れずに大胆にチャレンジすることができますが、起業後はリスクヘッジが戦略の基本になります。

どれだけリスクを減らして事業を行えるかが成功のポイントになるので、副業の内から考えられるリスクを想定する癖をつけておきましょう。

ときにはリスクを冒してでも挑戦しなければならないことはありますが、リスクマネジメントができて初めてリスクを冒したことになります。

リスクを想定せずにただ無闇にチャレンジをするのは無謀とも言える行動なので、挑戦と無謀を履き違えないようにしましょう。

まとめ

いきなり起業するのではなく、副業としてスタートすることをおすすめします。

企業に勤めながら事業を行わなければならないので、オフラインビジネスよりもオンラインの方が継続しやすいでしょう。

オンラインビジネスには、パソコン1台あれば成り立つ仕事がたくさんあるので、自分の能力に合った職種を選んでください。

副業で生活できるくらい収入が得られるようになったら、今回紹介した3つのコツを参考にして、副業から起業にステップアップしましょう!

起業にはさまざまなやり方があるので、起業パターンを紹介している以下の記事もご覧ください。

起業のやり方に困ったらどこに相談する?おすすめ起業の4パターン

2019.11.25

関連記事