ブログは儲からない?儲ける仕組みや儲けるための3つの施策を紹介!

「ブログが副業になると言われているが、実際にはあまり儲からないのでは?」
「ブログを始めてみたが、思っていたより儲からない」

このように悩んでいませんか?

実はブログは記事をコツコツと書きためることで多くの収入を得ることができる上に、ブログが注目されれば自動的に儲かる仕組みも作れるのです

今回は、ブログが儲からないと言われる理由や実際にブログで儲ける仕組みを解説するとともに、ブログで儲けるための3つの施策も紹介します。

この記事を読んでブログで儲かる仕組みを理解し、ブログにチャレンジして収入アップを図ってくださいね。

1.ブログが儲からないと言われる理由

ブログが儲からないと言われる理由

ブログが儲からないと言われる理由は、多くのブロガーが結果が出ないうちにブログを続けることを断念してしまうからです。

ブログで収入を稼ぐためには、ブログに広告価値が生まれる必要があり、そのためには多くの読者にブログが読まれることが求められます。

ブログが多くの人に読まれていることを示す指標にPV数(ページビュー数)があり、サイトの表示回数を意味します。

1本の記事でいかに興味深い内容を書いたとしても、それだけでPV数が劇的に増えることはほとんどありません。

記事を書きためることで、それぞれの記事がPV数を稼げるようになると、ブログ全体でのPV数が増えていくのです。

さらにブログのPV数が増えてくると、ブログが注目を浴びる機会が増え、加速度的にPV数が増えていく傾向にあります。

しかし、ブログで一定の収入を得るまでには半年~1年ほどかかることが多く、それまでの期間に断念してしまう人はブログは儲からないと感じてしまいます。

ブログが軌道に乗るまでの期間にかかる作業を単純に時給換算などしてしまうと、ブログなんてやめておけばよかったという結論になってしまうのです。

ブログを始めて半年~1年は結果が出なくとも我慢強く記事を書きため、ブログがPV数を稼げるようになった後には、新規の記事をかかなくても自動的に収入が得られる状態になることも十分にあり得ます。

このように、ブログで儲けたい人は、記事が書きたまったら読者が増え収入も増えることを念頭におきながら、コツコツ忍耐強く記事を書き続けることが大切です。

2.ブログで儲ける4つの手法

ブログで儲ける4つの手法

ブログで儲けるための手法には、代表的なものとしてGoogleアドセンス・アフィリエイト・リストマーケティング・ファンビジネスの4つがあります。

それぞれの難易度と概要を以下の表で説明します。

手法 難易度 概要
Googleアドセンス Googleが配信する広告をブログに掲載することにより、PV数に応じて得られる広告料。広告の内容はブログに関係なく読者の属性やサイト閲覧履歴によって自動配信されるため、ブロガーは記事上に広告を盛り込む必要がないことが特徴。
アフィリエイト ブログ内で商品・サービスを紹介することにより、読者が購入などの成果を達成した場合に得られる成功報酬。商品・サービスと関連したブログ記事を書くことで成約率が高まる。
リストマーケティング ブログ読者をメルマガに取り込んだ上で、アドセンスやアフィリエイトを実行する。メルマガはプッシュ型の広告ツールで読者と定期的なやり取りができるため、より深いコミュニケーションによる成約率アップが期待できる。
ファンビジネス ブログを通じてファンを育成することで、アフィリエイトやアドセンスの成約率を増やしたり、企業から直接記事広告のオファーを受けることもある。他のブロガーと一線を画した個性的なブログで大勢の読者をひきつけられるブロガーだけがファンビジネスを実践できる。

ブログの収入についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

3.ブログで儲けるための3つの施策

ブログで儲けるための3つの施策

最後に、ブログで儲けるための3つの施策を以下の通り紹介します。

  1. 書きたいテーマではなく世間が読みたいテーマを選定する
  2. 特定テーマに絞る
  3. 検索キーワードを想定してタイトルに盛り込む

順番に説明します。

施策1.書きたいテーマではなく世間が読みたいテーマを選定する

世間が読みたいテーマを選定する

ブログで儲けるための施策の1つ目として、書きたいテーマではなく世間が読みたいテーマを選定することを心掛けましょう。

通常ブログを書く場合、テーマは自分の得意な領域や伝えたい内容から自由に選びます。

ブログはただ単純に日記を公開しているだけなので自分が満足できればそれでよいということであれば、自分の書きたいテーマを書いて何の問題もありません。

しかし、ブログで儲けることを目的にする場合には多くの読者を獲得しなければなりません。

そのためには、世間がどのような情報を求めているのかに気を配る必要があります。

世間が読みたいテーマとは、読んで役に立つ情報や、興味・関心をそそられる内容です。

また、同じテーマであっても、自分が書きたいままに書きつらねるのではなく、読者に面白い・役に立ったと思ってもらえる文章を書くことによって記事の訴求力は大きく違ってきます。

このように、ブログで儲けたい場合には、世間が読みたいテーマを選定し、読者の立場に立った分かりやすい記事に仕上げることが大切です。

施策2.特定テーマに絞る

特定テーマに絞る

ブログで儲けるための施策の2つ目として、特定テーマに絞ることを心掛けましょう。

ブログには、雑記ブログと特定ブログの2種類があります。

雑記ブログとはテーマを特定せずにさまざまなテーマの記事を書くブログのことで、ネタが尽きる心配がなく書き続けやすい点がメリットです。

一方、特定ブログはあらかじめテーマを特定して書くブログのことで、書き続けることでネタがなくなるリスクはありますが、そのテーマに興味のある読者を増やしやすいという特徴があります。

このため、ブログで儲けたい人は特定テーマに絞る方がおすすめです。

1本のテーマだけに絞ることが難しい場合、3~5本程度のテーマに集約するだけでも読者に注目してもらえる可能性が高まります。

このように、ブログで儲けたい場合には、ある程度テーマを絞って記事を書き続けることによってブログを読んでくれる読者を増やしていきましょう。

施策3.検索キーワードを想定してタイトルに盛り込む

検索キーワードを想定してタイトルに盛り込む

ブログで儲かるための施策の3つ目として、検索キーワードをあらかじめ想定してタイトルに盛り込むようにしましょう。

キーワード検索で上位に表示されれば、多くの読者がクリックすることになり、PV数を稼ぐことができるからです。

まずは、自分が書いた記事を読んでくれそうな読者はどのようなキーワードで検索するだろうという視点で検索キーワードを吟味します。

検索キーワードが決まれば、タイトルに必ず盛り込むようにしましょう。

文中の見出しにも、不自然にならない程度に検索キーワードを盛り込むことができればSEO対策(検索エンジン最適化)としてより効果的です。

このように、ブログで儲けたい場合には、検索キーワードを吟味してタイトルや見出しに盛り込むことでキーワード検索の上位を狙いましょう。

なお、以下の記事ではSEO(検索エンジン最適化)について詳しく解説しているのでご覧ください。

まとめ

この記事では、ブログが儲からないと言われる理由や実際にブログで儲ける仕組み、ブログで儲けるための3つの施策について紹介しました。

ブログは記事をコツコツと書きためることで次第に儲かりはじめ、さらにブログが注目されれば自動的に広告収入を得ることもできます。

ぜひこの記事を読んでブログが儲かる仕組みを理解し、ブログにチャレンジして収入アップにつなげてください!

あなたの記事の検索順位を調べたい方はこちらの記事で詳しく説明しているのでご覧ください。

最近の記事

PAGE TOP