コラム

記事制作代行とは?覚えておきたい基礎知識とおすすめサービス

投稿日:
最終更新日:
TMS編集部

「記事制作を誰かに代行してもらいたい」
「記事制作代行を依頼できるサービスや会社はあるの?」

記事制作は時間がかかり、初心者では難しい面もあります。

時間をかけてSEO効果も得られなければ、文章作成にさいた時間は全く無駄になるのです。

この記事では記事制作代行の概要や利用するメリットとデメリット、さらに自社で記事制作をするメリットとデメリットも紹介します。

また記事制作代行を依頼する方法とおすすめサービスも紹介しているので、記事を読めばスムーズに制作代行依頼ができるでしょう!

記事制作代行とは?

記事制作代行とは、文字通りWebサイトの記事作成を外注できるサービスです。

記事作成代行の種類

  • 個人ライターに依頼する
  • 記事制作代行会社に依頼する

方法としては以上の2つがあります。

報酬を支払って記事を作成してもらい、自社の収益アップやWebサイト上の広告収入を得るために利用される手法です。

記事制作代行を利用するメリット

記事制作代行を利用するメリットは3つあります。

  1. 記事作成の時間を省き本業に集中できる
  2. 記事作成の知識がなくてもコンテンツ作成ができる
  3. 記事を量産し更新頻度を上げられる

なぜ多くのメディアや法人が記事制作代行を利用するのか、その理由を知っておきましょう。

記事作成の時間を省き本業に集中できる

記事制作代行を利用する1つ目のメリットは、記事作成の時間を省き本業に集中できることです。

初めて記事を作成するとなると、Web文章のライティングを勉強するところから始めなければなりません。

プロのライターは1時間に2,000〜3,000文字程度執筆できますが、これ以上かかる場合は代行を頼んだ方が効率的です。

しかし、記事制作代行を利用すれば勉強や記事制作の時間が必要なく、自身の業務のみに集中できます。

記事作成の知識がなくてもコンテンツ作成ができる

記事制作代行を利用する2つ目のメリットは、記事制作の知識がなくてもコンテンツ作成ができることです。

Webコンテンツを作るにはWordPressなどのCMSツールの操作知識、また記事作成の基本知識が必要になり、勉強の時間を取れない方には難しいでしょう。

しかし記事制作代行会社やライターは、記事制作のプロですから依頼するだけでコンテンツを納品してくれます。

ご自身で記事作成の知識を改めてつける必要がなく、楽にコンテンツが作れるのがメリットです。

記事を量産し更新頻度を上げられる

記事制作代行を利用する3つ目のメリットは、記事を量産し更新頻度を上げられることです。

コンテンツを1人で毎日更新するとなると、1日数時間はサイト更新のために時間をさかなくてはなりません。

しかし複数のライターに記事制作を依頼すれば、1人数件ずつ依頼すれば毎日更新できるストックが作れるでしょう。

1人では難しい記事の量産も、外注を利用すれば簡単に実現できます。

記事制作代行を利用する際に起こるデメリット

記事制作代行を利用する際に起こるデメリットは2つあります。

  1. ライターによってクオリティが異なる
  2. 外注費用がかかる

記事の外注は便利ですが、思わぬ不利益が起こることも。

1つずつ説明します。

ライターによってクオリティが異なる

記事制作代行を利用する際に起こる1つ目のデメリットは、ライターによってクオリティが異なることです。

ライターと一口に言っても、皆がライティングの専門学校へ通った人というわけではありません。

そのため、文章を書いた経験がなくとりあえずクラウドソーシングサイトへ登録してライターを名乗っている人もいます。

ライター選びを間違えると低品質な記事が納品される可能性はあるでしょう。

外注費用がかかる

記事制作代行を利用する際に起こる2つ目のデメリットは、外注費用がかかることです。

作業を依頼するわけですから、当然費用が発生します。

一般的なライターの文字単価は1円以上、つまり3,000文字の記事を依頼するとすれば3,000円かかる計算です。

内容が専門的になるほど単価は上がり、1記事5,000文字程度でも1万円以上かかることもあります。

一から記事制作代行を依頼する際は、外注費用と想定される利益の兼ね合いを考えましょう。

記事制作を自身で行うメリット

「お金がかかるなら記事制作は自分でやろうかな」と思った方もいると思います。

まずは記事制作を自身で行うメリットを2つ紹介しましょう。

  1. SEOや記事制作の知識・ノウハウがつく
  2. 専門知識を活かした詳しい記事を作れる

ご自身で記事作成を行うと得られるものは以上の通りです。

1つずつ説明していきます。

SEOや記事制作の知識・ノウハウがつく

記事制作を自身で行う1つ目のメリットは、SEOや記事制作の知識・ノウハウがつくことです。

Web文章の書き方やSEO(Search Engine Optimization / 検索エンジン最適化)の知識がなければ、検索上位に上がる良質なコンテンツが作れません。

勉強自体は大変ですが、身につけたスキルは財産となり今後のWebサイト制作にも活かせます。

自分で1から記事制作を学ぶと、Webコンテンツを作るために必要なスキルが身につくでしょう。

専門知識を活かした詳しい記事を作れる

記事制作を自身で行う2つ目のメリットは、専門知識を活かした詳しい記事を作れることです。

自社で取り扱うジャンルやテーマは、あなた自身が仕事で取り扱っているもののため、豊富な知識を活かせます。

例えば、自社で開発した化粧品を販売したい場合、営業知識は外注ライターより自社の社員の方があるはずです。

クラウドソーシングには同業界の経験者や執筆経験者がいますので、うまくマッチングできればかなり詳しい記事を作れます。

しかし、マッチングできない場合もあるのでその場合は自分で執筆した方が情報量が多いと感じるか場合もあるでしょう。

記事制作を自身で行うデメリット

記事制作を自身で行うデメリットを解説します。

  1. 記事制作やSEOの勉強をする必要がある
  2. 記事を仕上げる為のまとまった時間が必要になる

どちらが効率的か、メリットとデメリットを比較検討して下さい。

記事制作やSEOの勉強をする必要がある

記事制作を自身で行う1つ目のデメリットは、記事制作やSEOの勉強をする必要があることです。

Web文章の書き方は通常の作文やビジネス書類と全く異なり、さまざまなルールがあります。

また検索エンジンの結果上位に表示させ、多くの人に読んでもらうためにはSEO対策が必要です。

例えば、検索結果の順位を決めているSEOアルゴリズムは200以上あると言われています。

一つでも上の順位を狙うためにはできるだけ多く、もしくは全てのアルゴリズムを知っておく必要があります。

記事制作とSEO対策の知識は一朝一夕に身につくものではなく、習得に時間を要します。

本業をしながら記事制作やSEO対策について学ぶのは、時間的に難しいでしょう。

記事を仕上げる為のまとまった時間が必要になる

記事制作を自身で行う2つ目のデメリットは、記事を仕上げる為のまとまった時間が必要になることです。

1つの記事を完成させるまでには、以下のような工程があります。

記事制作の工程

  • 記事のテーマを決める
  • キーワードの選定をする
  • 記事のターゲットを決める
  • 記事の構成(アウトライン)を決める
  • ライバルサイトをリサーチして情報収集・構成の修正をする
  • 構成をもとに文章を作成する
  • 誤字脱字を修正し、違和感をなくす
  • 記事の装飾や画像挿入を行う
  • アップロードする

目安ではありますが、3,000文字の記事を作成するのに慣れているライターで2時間程度、初心者なら4時間程度かかります。

また記事制作した後は、検索エンジンの結果を随時確認して集客効果が出ているか確認し、PDCAサイクルを回していかなければなりません。

記事制作の全ての作業を全てご自身で行うのは、時間的に難しいことがあります。

記事制作代行を依頼する方法とは

記事制作代行を依頼する方法について解説します。

  1. クラウドソーシングサイトでライターを探す
  2. 記事制作代行会社に依頼する

ご自身で記事制作が難しいと思う方は、以下の2つの方法で外注先を探しましょう。

クラウドソーシングサイトでライターを探す

記事制作代行を依頼する1つ目の方法は、クラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングとは、企業・個人が仕事の一部の委託先を探せるWebサービス。

自社で作成したいコンテンツの概要を記載して募集をかけ、応募してきたライターの中から適切な人材を探せるプラットフォームです。

有名なクラウドソーシングサイトとしては、ランサーズやクラウドワークスが挙げられます。

依頼の際には手数料とライターへの外注費用がかかりますが、比較的安価でライターを見つけられるでしょう。

記事制作代行を依頼できるクラウドソーシングサイトは、後ほど紹介します。

記事制作代行会社に依頼する

記事制作代行を依頼できる2つ目の方法は、記事制作代行会社に依頼することです。

記事制作代行会社とは、独自でライターを雇用しクライアントのWebコンテンツ作成を請け負うサービスを提供しています。

WebデザインやSEO対策、結果測定まで手がける企業もあり、自社のサイト運営を任せられるのがメリットです。

費用はクラウドソーシングサービスより高価なことが多いですが、質の高い記事が作成できます。

初めてでも使いやすい!クラウドソーシングサイト

まずは予算を抑えて記事作成を外注したい方のために、初めてでも使いやすいクラウドソーシングサイトを9つ紹介します。

  1. ランサーズ
  2. クラウドワークス
  3. ザグーワークス
  4. Shinobiライティング
  5. コンテンツウォーカー
  6. WITH TEAM記事作成
  7. 記事作成代行ドットコム
  8. エディトル
  9. ALVO

初めて記事作成代行を利用する方は、以下のサービスから自社のニーズに合う人材を探してみてください。

ランサーズ

https://www.lancers.jp/

初めてでも使いやすい1つ目のクラウドソーシングサービスは、ランサーズです。

ランサーズのおすすめポイントをまとめました。

おすすめポイント

  • 日本最大級のクラウドソーシングサイト
  • 初心者から上級者まで幅広いレベルのライターが在籍
  • サイト上に依頼相場が記載してあり、初心者でも依頼がかけやすい
  • 専任アドバイザーによる発注アドバイスを受けられる

ランサーズは日本最大級のクラウドソーシングサイトで、ライター以外にも秘書やデザイナーなど幅広いジャンルの人材が在籍。

ライターのレベルは初級から上級まで幅がありますが、登録者自体が多いのでマッチングしやすいでしょう。

またサイト上に相場感が記載してあり、また不明点はアドバイザーに質問できるため、初めて外注を利用する方も安心して記事制作代行依頼ができます。

クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

初めてでも使いやすい2つ目のクラウドソーシングサービスは、クラウドワークスです。

クラウドワークスのおすすめポイントをまとめました。

おすすめポイント

  • ランサーズと並ぶ豊富な人材を抱えるサイト
  • ライターの数が多くマッチングしやすい
  • プロクラウドワーカーという認証制度がありレベルが分かりやすい
  • 単価が安いライターが多く費用を抑えたい方におすすめ

クラウドワークスも数多くのライターを抱えるクラウドソーシングサイトです。

プロクラウドワーカーという認証制度があり、ライターのレベルがわかりやすいのもポイント。

比較的単価は安く、安価に記事を量産したい方におすすめです。

ザグーワークス

https://works.sagooo.com/

初めてでも使いやすい3つ目のクラウドソーシングサービスは、ザグーワークスです。

ザグーワークスのおすすめポイントをまとめました。

おすすめポイント

  • ディレクターがライター選びから納品までサポートしてくれる
  • 要望に合わせて豊富な発注プランがある
  • レベルの高いライターが多い

ザグーワークスは、登録にライティングテストを設けており一定レベル以上のライターしか在籍できません。

そのため、質の良い記事が書けるライターが多いのが特徴です。

また、要望に合わせて豊富な発注プランがあるため、コスト・納品スピード・クオリティなど、企業が重視するポイントごとに発注をかけられます。

Shinobiライティング

https://crowd.biz-samurai.com/

初めてでも使いやすい4つ目のクラウドソーシングサービスは、Shinobiライティングです。

Shinobiライティングのおすすめポイントをまとめました。

おすすめポイント

  • 記事制作に特化したサービス
  • 業界シェアNo.1の実績がある
  • 納品スピードが早い
  • SEO対策に強いライターが多い

Shinobiライティングは記事制作に特化したサービスで、業界シェアNo.1の実績を誇ります。

納品スピードが速く、質も良いので多くのオウンメディアで利用されているのが特徴。

SEO対策に強いライターが多く、検索結果上位に表示される記事を作成できるライターを見つけられます。

コンテンツウォーカー

https://contents-walker.com/

初めてでも使いやすい5つ目のクラウドソーシングサービスは、コンテンツウォーカーです。

コンテンツウォーカーのおすすめポイントをまとめました。

おすすめポイント

  • 一定ランク以上の技術を持ったライターしか採用していない
  • 比較的単価が安くコストを抑えられる
  • ライター向けマニュアルが用意されており統一されたクオリティの記事が期待できる

コンテンツウォーカーは、一定ランク以上のスキルがあるライターしか採用していません。

質が高い記事を安価で依頼でき、コストパフォーマンスに優れたクラウドソーシングサービです。

コンテンツウォーカーは、自社独自のマニュアルをライター向けに配布しており、細かい指示をしなくても統一されたクオリティの記事を納品してもらえます。

WITH TEAM記事作成

https://www.afi-hisyo.com/

初めてでも使いやすい6つ目のクラウドソーシングサービスは、WITH TEAM記事作成です。

WITH TEAM記事作成のおすすめポイントをまとめました。

おすすめポイント

  • 1文字1円と単価が統一されておりコスト面で安心できる
  • リーズナブルかつ安定した質の記事を量産できる
  • コストパフォーマンスが良いと評判が高い

WITH TEAM記事作成は文字単価が1円と決まっており、安心して利用できます。

記事制作代行としては安価であり、クオリティも安定しているため記事の量産をしたい方におすすめです。

記事作成代行ドットコム

https://writing-daiko.com/

初めてでも使いやすい7つ目のクラウドソーシングサービスは、記事作成代行ドットコムです。

記事作成代行ドットコムのおすすめポイントをまとめました。

おすすめポイント

  • 希望に沿って適切なライターを紹介してもらえる
  • 専門性の高い記事を求める方向けの「こだわりコース」がある
  • コストを抑えたい方は「おまかせコース」を利用できる

記事作成代行ドットコムは、企業の希望に合わせて適切なライターを紹介してくれるサービスです。

専門性の高い記事を求める方は「こだわりコース」を、コストを抑えたい方は「おまかせコース」を選ぶと良いでしょう。

プランが豊富かつ、自身でライター探しをする必要がないので効率よくライター探しができます。

エディトル

https://client.editoru.jp/

初めてでも使いやすい8つ目のクラウドソーシングサービスは、エディトルです。

エディトルのおすすめポイントをまとめました。

おすすめポイント

  • サイト運営実績10年以上で信頼できる
  • SEO・コンテンツ作成の会社が運営しておりSEO対策に強い
  • ディレクターやライター・メディア運用ができる人材も探せる
  • ザグーワークス在籍ライターの上位ランク者しか登録していないため、記事の質が高い

エディトルは、サイト運営実績10年以上の老舗サービスで、母体はSEO・Webコンテンツ制作の企業です。

そのためSEO対策につよく、またザグーワークスのライターの中から上位の優秀なライターのみが在籍できます。

エディトルにはライター以外にディレクション・メディア運営に長けた人材もあり、メディア運営を丸ごと任せられるのも特徴です。

ALVO

https://alvo.co.jp/order/

初めてでも使いやすい9つ目のクラウドソーシングサービスは、ALVOです。

ALVOのおすすめポイントをまとめました。

おすすめポイント

  • WordPressに直接納品してもらえるため公開が早い
  • 専任の担当者がライターとの間に入るため依頼が楽

ALVOは、WordPressを使用してサイト運営をしている方におすすめのサービス。

WordPressに直接記事を納品してもらえるため、記事を確認した後公開状態にすれば即座にコンテンツをアップできます。

自身で入稿作業を行う必要がなく、手間を省いて記事制作ができるでしょう。

また専任担当者らがライターとの交渉を担当するため、極限まで手間を省けます。

まとめ

記事制作代行は、記事の発注をライターや会社に任せる方法です。

自身で記事を作成する方法もありますが、本業に集中したい方や勉強の時間を省いてすぐにでもコンテンツ作成を始めたい方におすすめ。

記事制作代行にはクラウドソーシングサービス、または記事制作代行会社に依頼する方法があります。

まずはコストの安いクラウドソーシングを用いて、記事制作代行を利用してみましょう!

この記事の投稿者
TMS編集部
TMS編集部
京都のWebコンサルティング・制作会社TMS Partners株式会社のコラム編集部です。中小企業/個人事業主が取り組みやすいWebマーケティングや、SEO、Web広告、マーケティングオートメーションのknow-howをお届けします。