コーポレートサイト制作の3つのステップ!高品質に作る3つのコツ

「コーポレートサイトを作るにはどうしたらいいの?」
「コーポレートサイトを自社で作るときの注意点は何かあるの?」

自社のコーポレートサイトを制作することになったが、作り方が分からずに困っている企業も多いのではないでしょうか。

プログラミングに詳しい人でなければサイト制作は難しいと思うかもしれませんが、実は作り方を知っていれば専門知識が無くても自社サイトを制作することができるのです!

今回はコーポレートサイト制作の流れを紹介します。

また、制作するときのポイントも紹介するので、自社サイト制作を担当する人は参考にしてみてください!

コーポレートの概要や役割について以下の記事にまとめているので、目を通していない場合はそちらを先にご覧ください。

1.コーポレートサイト制作の3つのステップ

コーポレートサイト制作の3つのステップ

コーポレートサイトを制作するには3つのステップを踏む必要があります。

3つのステップは以下の通りです。

  1. 現状分析・市場調査
  2. 規格・戦略立案
  3. コンテンツ制作

コーポレートサイトを制作するためには、コンテンツとして形にするだけではなく下準備も重要です!

順に説明するので、サイト制作の流れを頭に入れておきましょう!

(1)現状分析・市場調査

現状分析・市場調査

コーポレートサイトを制作するには、まず分析から始める必要があります。

企業の現状を把握しマーケット市場を調査しなければ、ただ企業のサイトを立ち上げるだけで、コーポレートサイトの目的を達成できません。

コーポレートサイトは企業の情報を発信する場なので、ターゲットとなるユーザーが欲する情報を提供しなければならないのです。

そこで、検索エンジンで検索される関連キーワードのボリュームを調べたり、アクセス数の多いサイトの調査をしたりと、ターゲットが求めている情報を集めるところから始めてみてください。

ユーザーが欲しい情報をスムーズに入手できるようにすることで企業への信頼度が高くなるため、分析や市場調査をしてターゲットを明確にし、ニーズに対応したサイトを作成しましょう!

コーポレートサイトの目的については以下の記事でまとめているので、そちらにも目を通してコーポレートサイトを立ち上げる理由について理解を深めておきましょう。

(2)企画・戦略立案

企画・戦略立案

分析と調査結果を基に、コーポレートサイトの企画や戦略を立てます。

この段階でコーポレートサイトのデザインを決めましょう!

デザインを決めるときに重要なのは以下のような点です。

  • サイトの最終目的は何にするのか
  • メニューやアイコンの適切な位置はどこか
  • コンテンツの優先順位はどうするか
  • 企業カラーとサイトのカラーリングがマッチしているか

コーポレートサイトはユーザーが見やすいデザインにすることが必須なので、初めてサイトに訪れる人の視線でレイアウトを考えてみましょう!

このとき、SEOに最適化されたサイト構成を設計して、外部からの流入を増やすためにSNSや外部メディアとの連携も視野に入れておくと、サイトのアクセス数の増加が期待できますよ!

コーポレートサイトのデザインを選ぶコツを以下の記事にまとめているので、そちらもあわせてご覧ください。

(3)コンテンツ制作

コンテンツ制作

コーポレートサイトのデザインが決まったら、いよいよコンテンツ制作に取り掛かります。

コンテンツ制作で行うことは大きく分けて以下の3つです。

  • 画像・動画作成
  • 文章作成
  • プログラミング

画像や動画はサイトの印象に大きく影響するので、ブランディング向上のために自社のイメージにぴったりの素材を使いましょう!

また、文字のフォントもサイトの雰囲気を変えるので、ただ文章を考えるだけでなく文章の見せ方も意識してください。

社内にプログラミングができる人がいるならその人に頼むと良いですし、専門家がいなくてもwordpressでテンプレートを使えば素人でも制作可能です!

制作を外部に委託する選択肢もあるので、費用と相談しながらコンテンツ制作を進めましょう!

wordpressでコーポレートサイトを作る方法について以下の記事にまとめているので、wordpressでの制作を考えている人はそちらもご覧ください。

2.コーポレートサイトを制作するときの3つのポイント

コーポレートサイトを制作するときの3つのポイント

コーポレートサイトをクオリティ高く制作するためのポイントを紹介します。

紹介するポイントは以下の3つです。

  1. ユーザーをターゲッティングする
  2. 伝える情報を明確にする
  3. 会社の内部が見えるコンテンツにする

順に説明します。

(1)ユーザーをターゲッティングする

ユーザーをターゲッティングする

コーポレートサイトのメインとなるユーザー層を設定しておきましょう。

企業の情報が集まったサイトには、見込み顧客や既存顧客、取引先やメディア関係の人などさまざまな人が訪れます。

サイト訪問者全てに合わせたサイトを設計しようとすると、情報にまとまりがなく複雑なページになってしまい、サイトの目的達成が難しくなるのです!

したがって、自社にとって重要視するユーザー層を決め、その層が満足するコンテンツを制作しましょう!

ターゲッティングをするときは、以下のように項目ごとにまとめてターゲットを明確にすると、サイトの目的が見えやすくなりますよ!

性別 年齢層 職業  デバイス 流入元 悩み
男性 30~40代 中間管理職 PC リスティング広告 独立を考えている
女性 20代前半 学生 スマホ 自然検索 就活中で、面接を控えている

満遍なく対応しようとすると、薄っぺらい中身になってしまうので、重視するユーザーの優先順位を決めることが重要ですよ。

(2)伝える情報を明確にする

伝える情報を明確にする

伝えたい情報を明確にすることもコーポレートサイト制作には重要です。

ユーザーから評価されるコーポレートサイトは、企業が伝えたい情報が分かりやすい特徴があります。

商品やサービスの紹介をメインにしたいのか、最新情報など情報発信の場にしたいのか、などサイト管理の意図によって掲載すべき情報やレイアウトを変えていきましょう!

ちなみに、以下の項目はサイトに掲載すべき情報です。

  • 会社概要
  • 事業内容
  • 代表者名・所在地
  • サイトマップ
  • 問い合わせ先(個人情報保護方針)

これらの情報の記載がなければ、訪れたユーザーから信頼を得ることが難しくなるので、最低限これらの情報は押さえておきましょう!

何の情報を掲載するか迷っている人は、以下の記事で他社のコーポレートサイトのどこを参考にすれば良いのかまとめているので、そちらもあわせてご覧ください。

(3)会社の内部が見えるコンテンツにする

会社の内部が見えるコンテンツにする

コーポレートサイトは企業の顔でもあるので、会社の価値観や現場が見えるコンテンツにすることをおすすめします。

ユーザーはどういった会社なのか知りたくてコーポレートサイトに訪れているものです。

例えば以下のような情報を掲載していると、会社の実態が見ることができます。

  • 代表者の写真・プロフィール
  • 決算情報
  • 過去の実績
  • メディア掲載
  • オフィスや現場の様子
  • 社員紹介
  • ブログによる社内活動などの発信

特にオフィスや現場の様子、社長・社員の写真、社内活動のコンテンツなどがあると、「実際に企業として活動しているんだな」とユーザーは自然と信用できますよね。

しかし、ただシンプルなデザインで工夫もなく企業の情報を掲載しているだけでは、信頼や理解が深まるとは思えませんし、何も見えない会社に対してユーザーが購買行動や相談などに移すとは考えられません。

企業の活動が目に見える形にしておくと、それだけサイトの目的を達成しやすくなるので、日々の活動をオープンにする意識を持ちましょう!

まとめ

コーポレートサイトを制作するには、3つのステップを踏む必要があります。

いきなりサイトを立ち上げようとしてもサイトの軸がしっかりしていなければ、記載する情報がぶれてしまいまとまりがなくなるのです。

したがって、メインとなるユーザー層に合わせてサイトを制作していきましょう!

また、サイト作りで成功するためには、ユーザーから信頼してもらえるようなサイトを意識することが重要です。

今回紹介したポイントを参考にして、自社でコーポレートサイトを制作してみましょう!

コーポレートサイトをおしゃれに作りたい人は、以下の記事でおしゃれなコーポレートサイトをまとめているので、そちらも参考にしてみてください。

最近の記事

PAGE TOP